女性がなりやすい冷え性とその改善方法

女性の中で冷え性に悩んでいる人は意外と多いものです。
その原因はいろいろ挙げられると思いますが、血行不良になりやすい身体になっているのも大きいでしょう

冷え性で悩んでいる女性は多い

c16bb2755748508665e1cc117aa49446_s

一般的に女性は男性よりも体脂肪が多く付いています。
脂肪は冷たいので、どうしても脂肪が多いと、身体が冷えやすくなってしまうかもしれません。

また、冷え性の人は低体温で低血圧の人も少なくありません。
平常体温が35度台という人もいると思います。

体温が1度下がると、さまざまな菌に感染しやすくなってしまいます。
そのため、風邪を引きやすくなってしまうようです。
低体温は病気を呼ぶリスクが高まっていると言えるでしょう。

冷え性を改善するには

脂肪が多いのが冷え症になる原因の一つだと考えれば、やはり脂肪を減らして筋肉を付けていく必要があります。
筋肉はエネルギーを発するので、脂肪が多い時よりも身体を冷えから守ってくれます。

また、同じ量の食事を取っても、体脂肪が少ない方がエネルギーを消費しやすくなります。
筋肉は寝ていてもエネルギーを燃焼してくれます。

冷えを感じてさらに動かなくなると、さらに寒くなり悪循環に陥ってしまいます。
動ける暖かい服装をしたら、なるべく動くように心がけましょう。

意識的に動くことによって筋肉が付きやすくなり、冷え性の改善にも効果が期待できるようになります。
最近は薄手でも暖かい衣服が増えてきました。

特に冬は何枚も重ね着をすると、ゴロゴロして動きにくくなってしまいます。
さらに重たくなるので肩が凝ってしまうこともあります。
最近の暖かい衣服は軽くて保温性もあるので、動きやすい服装をすることができます。

保温はお腹をポイントに

保温性のある服装をしても、お腹が出ていては冷え症の効果は改善できません。
冷えはお腹から来ることも多く、お腹を温めることで効果がより高くなります。

お腹を冷やすと下痢や便秘などの他にも、生理痛や生理不順などの婦人系の病気にも影響を及ぼしてしまうことになりかねません。
お腹は特にへその下の丹田というツボを温めると、効果が高いと言われています。
冬は腹巻にカイロを入れて、保温効果を上げていくと良いでしょう。

また、入浴時にはお腹と背中と首の間を温めると、風邪を引きにくくなるようです。
お腹が冷えると足のむくみにも繋がっていきます。
適度にマッサージを行い、身体の血行を良くしてあげることも大切です。