女性の健康管理に役立つ3大漢方薬

現在、各メーカーが商品のバリエーションを増やし、街中のドラッグストアでもさまざまな種類の漢方薬が気軽に手に入るようになりました。

この漢方薬は、特に女性の体調管理に心強い味方となることを、ご存知でしょうか、病院に行くほどではなくても、いろいろなプチ不調をいくつか同時に抱えることも多い、女性の健康維持にうってつけなのが漢方薬です。

漢方薬の特徴は、症状に合わせてというより個人の体質に合わせた処方が効果的であることです。そのため自分の体質に合った漢方薬ひとつを服用することによって、それまで感じていた複数の不調が改善するということも可能です。

そのような目的にピッタリの、女性のための3大漢方薬は、どれもよくお店で見かけるものです。自分に合うのはどれになるか、チェックしてみましょう。

体力虚弱な女性に当帰芍薬散

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_s

当帰芍薬散が合うのは、足腰が冷える・疲れやすい・生理が遅れ気味・生理前に頭痛がある・めまいや肩こりがある・痩せている・筋肉は軟弱といったタイプの人です。

血の不足を解消して血液循環を良くし、からだを温めることにより、冷え性・貧血・更年期障害・月経不調・むくみ・シミなどの症状に効果をもたらします。

がっしりタイプに桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸は、比較的体力があるタイプの女性におすすめです。暑がり・のぼせ・頭痛・めまい・肩こり・過多月経・便秘という体質の人にピッタリです。

滞った血の流れと過剰な熱を改善することにより、にきび・月経異常・炎症・クマ・更年期障害・のぼせなどに効果を表します。

精神不安な人に加味逍遥散

加味逍遥散は、疲れやすい・イライラ・精神不安定・動機・めまい・月経不順・不眠・上半身ののぼせがある人におすすめです。自律神経失調症や不安定な精神状態を落ち着かせます。それに伴い、月経不順・更年期障害・イライラ・不眠などの解消が期待できます。