女性のうつ対策と治療について

女性は、人生において様々な節目があります。少女の時期には初潮を迎え、結婚後は、妊娠出産、そして閉経です。

このそれぞれの節目に、女性ホルモンの大きな変動があります。そして女性ホルモンの増減は、女性の心身に影響をもたらします。

特に、女性が抑うつ状態になりやすい時期と言われている時期があります。
それは、出産前、出産後、閉経前後(更年期)です。出産前には、よく「マタニティブルー」と言われるように、精神的に不安定になる時期があります。

妊娠中の、女性ホルモンの変化がもたらすものですが、加えて、子どもを産むというプレッシャーも精神的な苦痛となり得るものです。
その為、初めての妊娠の時は特に多く見られるようです。

女性ホルモンの乱れからのうつ病

d3f540b787f5cf8f3c5fc9e54e3562da_s

これらの精神的な負担から、抑うつ状態になってしまい、自分で心に苦しみを抱えてしまう事があります。

解決策としては、「妊娠中は、不安を感じるのが当たり前」という認識を持つことです。

そして、自分のお母さんに相談するのが最も良い方法です。

女性の妊娠の大変さというのはやはり、女性にしか分からない部分があります。

また、子供を持つ女性の友人がいたら、そういった方にもお話する事です。

とにかく、自分の心の中で、悩み事をとどめるのはやめましょう。

出産後、抑うつ状態、いわゆる「産後うつ」になる女性もいます。

子供が産まれるまでは、妊婦である自分に周囲は「気をつけて」とか「赤ちゃん楽しみね」という気遣いの言葉をかけてくれます。

しかし、赤ちゃんが産まれると、急に、周囲の注目は「赤ちゃん」に移ります。
産んだ後の自分が一人ぼっちになったような気がして、抑うつ状態になるという事です。

この産後うつも、出産と共に、妊娠を維持する女性ホルモンが急激に増減する事が原因です。

ですので、女性ホルモンの分泌量が安定するまでは、様子を見て、徐々に子育てに力を入れていってください。

閉経期になると、女性ホルモンの分泌が少しずつ減少して行き、その影響で、様々な不快な症状が現れます。

その症状の一つとして、抑うつ状態に陥る事があります。

これも、女性ホルモンの影響ですので、時期が過ぎれば回復します。

苦痛を伴う抑うつ状態でしたら、軽い服薬治療もお勧めします。

このように、女性ホルモンの増減によって、女性特有の抑うつ状態に陥る事がありま

すが、時間が経てば必ず回復するものですので、上手に乗り切る事が重要です。